内なる対話:日常のコミュニケーションに潜む自己発見

ミルトン・エリクソン

私はこの彼の影響をかなり受けていると思います。カウンセリングやコーチング、もちろんコンサルティングでも「対話」が必要です。というより生きていくうえで必須な要素です。コミュニケーションが重要なのは言うまでもありません。

誰とあるいは何と対話していますか?

相手がいる場合は、見かけ上他者との対話ですが、実は自分自身と対話をしている人がとても多いことに気づきます。相手の話を純粋に聴くのはとても難しいことです。聴き方の癖があるのですから仕方ないことです。

判断・評価・承認・反論・合意・自己主張……とたくさんの基準を無意識に準備して聴いています。これは全て自分自身の基準であり、自分との対話をしていることに繋がります。

モノとの対話もあります。思い出がぎっしり詰まったモノを見たとき「当時を懐かしく思い出し、内なる会話をしている自分」に気づいたこともあるはずです。モノは発話しませんから完全に自分との対話になります。

こう考えると、毎日誰かと話していても殆どの場合「自分自身と対話」しているのかも知れません。

これはミルトン・エリクソンの名言です。クライアントとセラピストの関係だけではなく、日常的に「誰かと」対話しているのですから必要なのは「あなた自身の柔軟性」かも知れません。

何のために対話しているの?

目的がない雑談は別として(といっても必ず目的はあります)、多くの場合コミュニケーションを取る目的があります。相互理解を目的にしているのか、合意形成を目的にしているのか、共感を目的にしているのか、お互いの成長を目的にしているのか、様々なテーマがそれぞれの関係性であると思います。

行動変容を目的にする

仕事であってもなくても、生産的な対話は、結果として行動変容が起きます。TA(交流分析)を持ち出すまでもなく、人は希望を見つめ、夢を明確にし、十分に勇気づけられ、肯定的に生きていけるような環境が必要です。ほんの一言で一気に道が拓けることもあります。日常の些細な会話で誰かに活力を与えることができたら素敵です。

イマカラ・ココカラ・ジブンカラ
ではでは、Enjoy your life !!

※TAとか人生脚本を知りたい人はエリック・バーンこの人の本を読まれると何となく分かると思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA