広告の魔法と課題解決の現実

さて、少し気になりますのでネット広告について軽く記述しておきます。広告の種類で多いのが「〇〇だけで、◆◆が手に入る」的なコピー。さらに「煽り」のための期間限定や数量限定、あとはちょいと「説得力強化」のための著名人のコメントや体験談の列挙といったパターンです。

ドイツとインドネシア

東南アジアの国々と比較すると、日本はなんだか活気がなくて残念です。平均年齢が倍ほどなので仕方ないのかもしれませんが、情熱や活力が失われている感じが否めないです。綺麗だし、安全で物価も安いので外から見れば何が不満なのかと言われても不思議ではありません。