あなたはどうしてあなたなの?

唐突ですが、あなたはいつからあなたになったのでしょう?私たちは年月をかけて「私」になってきました。様々な経験をして「今のあなた」が出来上がってきました。ではいつどんな経験をしたのでしょう?年末年始に少し振り返ってみることをお勧めします。特に二十歳までの期間をできる限り客観的に年齢に沿って振り返りをします。

大前提は遺伝という要因があります。人は生まれ落ちた環境が違い、個体差として最初から遺伝による違いもあります。スタート段階から違っています。そして、こればかりは今更ながらどうしようもないテーマなので脇に置いときましょう。なのでその後の環境、あなたに影響を与えたであろう環境を眺めます。

年齢を3歳刻みにします。0-3-6-9-12-15-18、多くの人は0-3歳は一方的に「経験させられる」感じです。その後9歳の壁(9歳の自我)と言われるまで徐々に自我を創ります。小学校の高学年から自我が確立します。※9歳の壁は心理学的に一般化されています。8-10歳ぐらいに生涯を決める自我が作られていると考えられます。

抽象的なので参考までに概略を記載しますから考え方を掴んでください。(下図も参考に)

0-3:自分にとっての周囲は家族です。どんな家族構成だったのか?親の仕事は?家におけるルールや当たり前にしていたことは自動的にあなたは体験するだけです。

3-6:まだまだ家族の影響がほとんどです。自分で選択して決めることもありますが、選択肢はほとんど家族が提示しているはずです。

6-9:小学校低学年。親が決めた小学校に入り自動的にクラスが決められていたはずです。友達100人できるかな?的な感じです。地域社会との触れ合いも増えてきています。都会なのか田舎なのかでも違います。複数の媒体にも触れる時期です。時代によって異なります。※私の場合はTVと本しかありませんでした。

9-12:小学校高学年。自分で選択できる要素が増えてきます。好みもはっきりしてきます。接する社会も広がってきています。以下同様に振り返ります。

この振り返りをすると、私の場合、テクノロジーの進歩の凄さを痛感します。例えば電卓に触れたのは小学5年生ぐらいです、大きな単位の計算はすべてソロバンです。TVは白黒、電話は固定の家電のみ…。あなたはいかがですか?そして10歳ぐらいまでは「あなたが触れた社会」から影響を受けているはずです。小難しい世界情勢や経済状況ではなく「子供時代のあなたの周辺環境」です。

振り返りの参考として(私の場合)、アニメではSF・特撮ブームだったので月光仮面、忍者部隊月光、アトム、ソラン、サイボーグ009、鉄人28号、オバQ、サンダーバード、ウルトラQ、ウルトラマン(ウルトラシリーズ)、ハリスの風、巨人の星、あしたのジョー、タイガーマスク(スポコン系)、その他多数の漫画・アニメが影響しています。本は百科事典と各種図鑑と地図は飽きることなく「読み物」として日常的に触れていました。そして(たぶん)大人の日本では東京オリンピック(小一)や大阪万博(中一)など国家プロジェクトが開催され高度成長に向けてイケイケどんどんのムードが醸成されていたはずです。さらに世界ではベトナム戦争、沖縄返還等のビッグイベントが起きていたのです。(個人的にはもっと精緻な年表で振り返っています)

翻って、今日10歳(2011年生まれ)の人は、異世界転生ものの漫画やアニメに触れ、コロナという世界中で騒がしい出来事の真っただ中で生きているのです。「大人から見れば」景気は長期に低迷しています、また「便利な社会」が目の前にあります。固定電話や電卓は使ったことがないかもしれません、ソロバンを見る機会があったらタイヤがたくさんついたスケボーの小さいおもちゃにしか見えないかも?大切なことは子供にとって「今の景気」「今の便利さ」がデフォルトです。同じように「あなたの子供時代」がどんな社会だったのか?そして何に触れてそれを経験していたのでしょうか?少々長くなりましたが年末だから良しとしてください。

よいお年をお迎えください。

今年一年ありがとうございました。

ではでは、

Enjoy your life!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA