結果はあなた自身ではない

結果はあなた自身ではありません。当たり前だろ!と言われそうですが意外と自分と同化している人が多いです。私達は必ず「自分のパラダイム」(ものの見方:解釈)を持っています。行動した結果をありのままに見ることはできません。そもそもありのまま(に見れたとして)では次の行動に結びつかないのです。エジソンが10,000回の実験の結果、電球を発明したという逸話に「9,999のフィラメントに使えない物質を見つけた」というアレです。

次の図を参考にしてください。何か行動すれば必ず「変化」がおきます。つまり結果が出るということです。この結果が期待通りでないとき「失敗した」というラベルを付け続けるとさすがに自信を無くしてしまいます。

「私には無理」「私はダメな人」、もしあなたが自信を無くしているなら結果を「学びの材料」としてとらえてみましょう!100回うまくいかなかったら100回学べるのです。素敵なことだと思いませんか?そんなに気長にできないよという声が聞こえてきそうですが学びは死ぬまで必要です、「成長したい」という欲求がある人にとってですけど…。成長は挑戦して初めて実現する、つまりできなかった事ができるようになるのですから(^^♪

結果は学びの材料です。あなた自身ではありません。楽しみましょう!

ではでは、Enjoy your life!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA